広告運用のフリーランスに必要なスキルとは|案件獲得方法についても解説

広告運用

インターネット広告の市場は年々拡大するなか、将来フリーランスとして広告運用の仕事をしたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

広告運用のフリーランスは年々需要が高まりつつあるので、フリーランスの職業の中でも安定して稼ぎやすいです。

この記事では、広告運用のフリーランスの仕事内容や報酬、スキル、メリット、案件獲得方法などを解説しています。

今後フリーランスを検討している方は必要なスキルや案件獲得方法を知っておくことで、スムーズに独立できますよ。

広告運用のフリーランス

広告運用とは広告の管理・運用を行う仕事です。

フリーランスなら案件獲得から契約、プロジェクトの進行、雑務まで全て自分でこなすことになりますが、そのぶん給与UPに限界のある会社員よりも高収入を狙えます。

とくに広告運用は長期案件が獲得しやすい、予算が高い、フルリモートで働ける業種なので近年注目を集めています。

ここからは広告運用のフリーランスの需要や仕事の種類、報酬について見ていきましょう。

ニーズが増えている

近年ではIT・Web業界の市場が拡大したことによりWeb広告媒体は年々増加傾向にあります。

しかし、少子化や業界の技術変化が早いことから、企画・運用できる人材が不足しています

不足しているのに対し、広告運用は長期間案件なので、Web広告運用のニーズは今後もますます高まるでしょう。

需要は長期的に継続すると予想されるため、新規参入が比較的しやすい職業です

仕事の種類

Web広告運用の仕事の種類は「運用実務」と「戦略・企画系」の2つに分けられます。

内容的にはそれぞれ副業でできる範囲と同じような業務ですが、フリーランスの方が時間に融通がきくぶん高単価案件を獲得しやすいです。

それぞれ見ていきましょう。

運用実務中心

Web広告運用は主に以下のような業務を行います。

  • クリエイティブ作成
  • レポーティング
  • キーワード登録、ターゲティング設定
  • パフォーマンス確認、修正、テスト
  • 広告アカウント開設、構築、設定
  • 広告関連のタグ実装
  • コンバージョン動作確認などのテスト

ターゲットユーザーが求めているような内容のものを形にして配信していく業務です。

Web広告は配信したら終わりではなく分析・改善を繰り返すので、配信中は次の広告の作成などもします。

戦略・企画系

戦略・企画とはクライアント先の商品やサービスを認知拡大させるための設計を行うことです

目的である商品やサービスのターゲットを明確にして、ニーズに合うキーワード選定や出稿する媒体、予算、スケジュールなどを決定します。

配信後でも調整を行う必要があるので、PV数やニーズを分析しながらキーワードを見直したり、ペルソナ設定を深めたりなど改善をして、より大きなセールスにつなげていく業務です。

報酬目安

Web広告運用は稼働日数や内容、常駐スタイルかリモートかなどで報酬は変わりますが、週1〜2日勤務だと月収10万〜30万円程度、週4〜5日勤務で月収30〜50万円以上の案件が多く見られました。

また、広告運用金額の15〜20%を手数料としてもらうことも多く、その場合は100万円の広告予算なら15〜20万円となります。

スキルや実績を積めば月収50万円以上の案件も獲得できる可能性もあるので、企業に雇用されるよりも稼げるでしょう。

フリーランスの年収などについてはこちらの記事で詳しく解説しています↓

【フリーランス】平均年収は?高収入を目指すためのポイントとは

広告運用のフリーランスのメリット

では、広告運用のフリーランスにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは3つご紹介していきます。

在宅・リモート

Web広告運用の仕事は通信環境やパソコンがあれば基本的にはどこでも業務が行えます。

打ち合わせなどもわざわざ外出しなくてもチャットツールやWeb会議で完結できるので、住んでいる地域や家庭環境に関わらず仕事を受けられます。

そのため、独立当初から在宅やリモートワークなどの柔軟な働き方が可能です。

安定的な収入

前述した通り、Web広告は需要の高い分野なので、継続して安定した収入を得られやすいというメリットがあります。

また、ライターなどの短期の案件とは違いWeb広告運用は長期の案件になることが多いです。

基本的には1案件1〜6ヶ月程度が一般的な最低契約期間なのでこの契約期間中は収入を安定させられます。

高報酬を狙える

フリーランスは自分の実力がそのまま反映されるので実績を積んだり、結果を出したりすれば他の業種よりも高収入を狙えます。

経験を積んでハイレベルなスキルを提供したり、自分から売り上げUPにつながるような提案をしたりなど自分の売りになるようなものができれば、継続案件なども獲得しやすいでしょう。

広告運用のフリーランスに必要なスキル・経験

ここからは、広告運用のフリーランスに必要なスキル・経験を5つご紹介していきます。

必須スキル・経験

必須スキル・経験について5つご紹介していきます。

フリーランスとして活躍していきたいのであれば必ず求められるので、今のうちから身につけておきましょう。

【運用系】各媒体の運用経験・スキル

Web広告運用でフリーランスになるには、まずは各媒体の運用経験とスキルがないと仕事が成り立たないのでこれらは必須です。

出稿方法から出稿後の分析・改善まで一連の流れを体系的に理解する必要があります。

また、各媒体によっても広告表示の仕組みやサービスの特性が異なるので、さまざまな媒体での運用経験もあった方がいいでしょう。

運用スキルはフリーランスだけでなく副業ワーカーにも必須になりますが、フリーランスの方が柔軟な対応ができるので複数の媒体を同時に任せられることもあります。

【戦略・企画系】全般の知識・マーケティング力

戦略立案のフレームワークやメディア選定プランニング、効果測定の仕組みなど、広告運用の一連の流れを理解していないと企画が立てられません。

Web広告で優位を保つためには、全般の知識やマーケティンクグ力を理解した上でサービスに適切なブランディングをしていく必要があります。

とくにフリーランスには媒体間の予算編成や、広い視野での適切な提案や対応が求められることが多いです。

コミュニケーション力

広告運用ではクライアントにヒアリングをして戦略や運用方法などを一緒に決めていくので、コミュニケーション力も重要視されます。

広告費が高い場合は、企業のクリエイティブチームなどと一緒に動くこともあるのでとくに求められる場合が多いです。

コミュニケーションがうまくとれていなければ、認識のズレや些細な勘違いが起きてしまいトラブルにつながることもあります。

日頃からクライアントと適切なコミュニケーションをとることでミスを予防でき、良好な関係が築ければ継続案件などにもつながるでしょう。

提案力

広告運用では言われたことをただこなす人よりも、的確な意見や提案ができてアドバイザーとしても立ち回れる人材の方が求められます。

自分の持っているスキルと合わせて積極的な提案をすることで、他のフリーランスと差別化され自分の価値を上げられます。

提案力はどこに行っても通用する汎用性の高い能力なので、フリーランスとして生き残っていくためには身につけておいた方がいいでしょう。

最新の広告に関する知識

Web業界は常に変化し続け、流行りなどもあるため、できるだけ最新の知識を把握しておく必要があります。

近年注目されている自動化やSNS広告など幅広い広告の知識がいるので、継続的な情報収集は欠かせません。

収集方法としては、Web広告代理店が発信している情報をこまめにチェック、情報の伝達が早いSNSを日常的に利用する、などです。

あるとよいスキル・経験

必須ではありませんが、あるとよいスキル・経験について2つご紹介します。

その商材やユーザーに関する知識、業界知識

目的のサービス・商品の知識やその業界の知識はあるに越したことはありません。

業界の知識をある程度もっているだけで他の候補者たちと差別化され、契約につながる可能性も高くなります。

クリエイティブ力

Web広告では広告文や画像、動画を扱うのでそれに応じバナーなどの作成を求められることもあります。

視覚的に、ユーザーを目的のサービスや商品に誘導するためのクリエイティブな工夫ができれば、クライアントに喜ばれ、単価UPにもつながるでしょう。

フリーランスとして案件を契約するために

それでは、案件をとっていくためにはどのようにすればいいのでしょうか。

フリーランスとして案件を獲得するには以下のような方法があります。

  • 知人の紹介
  • 直接営業
  • マッチングサイト
  • フリーランスエージェント

フリーランスが仕事を獲得する方法としてもっとも多いのが知人や友人からの紹介です。

友人などを通して紹介されたクライアントからであれば受注できる可能性が高いでしょう。

他には、メールや電話で仕事をもらいたい企業に直接営業をかけるという方法もあります。

企業のホームページに応募用フォームが設置されていることもあるので、そういったところからなら比較的営業をかけやすいです。

営業の時間を効率的に使いたい方はマッチングサイトやフリーランスエージェントの活用がおすすめ。

もともと営業に苦手意識があり、できればやりたくないと思う人も多いはずです。

仲介を通すことで条件や報酬の交渉、大型案件の受注も可能なのでぜひ検討してみてください。

フリーランスの営業方法についてはこちらの記事で詳しく解説しているので、あわせてご覧ください↓

フリーランスの営業方法は?成功するためのポイントを解説

広告運用のフリーランスは穴場!

広告運用の仕事は年々需要が高まっており、フリーランスの職業の中でも長期案件を獲得しやすい業種なため、安定した収入も得られやすいでしょう。

とくに最近では、マッチングサービスなどの増加によりフリーランスと企業がつながりやすいようになりました。

迷っているなら、まずは空いた時間に単発案件から始めてみるのがおすすめです。

JOB DESIGNでは副業フリーランスとして活躍している方も多く、駆け出しのフリーランスもはじめられる案件を豊富に取り扱っています。

​​カウンセラーが希望に沿った案件を紹介し、その後も定期的にフォローをするので継続的に案件を獲得しやすいですよ。

まずは副業で始めてみたい方はこちらの記事を参考にしてみてください↓

【副業の始め方】失敗しない!最初に注意すべき7つのポイントを解説

タイトルとURLをコピーしました