DAOとは?メリットやデメリット|転職ならIT業界がおすすめな理由

エンジニア

2022年になり、DAOという新しい組織形態の登場もありインターネット業界は新たなフェーズを迎えています。

そこで、「DAOって最近よく聞くけど、どういう意味?」と思っている方も多いのではないでしょうか。

DAOは管理者不在で運営が自動化されるうえ、誰でも参加できる今までにないWebサービスのことです。

この記事では、DAOの仕組み、メリット・デメリット、将来性について解説しています。

今後はこの組織形態が一般的になる可能性もあるので、今からチェックしておきましょう。

DAOってなに?

DAO(Decentralized Autonomous Organization)とは、日本語で「分散型自立組織」と呼びます。

「ダオ」と呼ばれるブロックチェーン上で運営される中央集約的存在に支配されない組織で、年齢や国籍問わず誰でも参加できます。

従来の株式会社は、代表取締役などの上層部が決定したことを下に指示を下すトップダウン方式です。

それに対しDAOは、組織をまとめる代表者が存在せず、参加者全員が平等であるという特徴をもっています。

組織のリーダーがいないため、突然のルール変更がなかったり、株式会社と比べるとより民主的に運営されたりする組織です。

また、株式というものが存在せず、 代わりに組織の運営方針に対して参加者が投票をおこなえる「ガバナンストークン」によって意思決定がなされます。

DAOの仕組み

ここまではDAOについての概要を説明しましたが、DAOの仕組みをきちんと理解するにはDAOが成り立っている「ブロックチェーン」や「スマートコントラクト」についても知っておいた方がよいでしょう。

ここからは、「ブロックチェーン」と「スマートコントラクト」について解説していきます。

ブロックチェーン

ブロックチェーンとは、分散台帳を実現する技術です。

主に仮想通貨の取引記録をネット上で管理するために使用されることが多いです。

取引履歴が記録されるときには1つのブロックにまとめられ、現在から過去まで遡ってブロックがチェーンのように繋がっていることから「ブロックチェーン」と呼ばれます。

改ざんが難しく、システム停止しないため、参加者の中に不正を働く者がいたとしても他の参加者によって不正が発覚してしまうという特徴があります。

また、ブロックチェーンには管理者がいません。

ATMやQR決済を利用した取引であれば、サービス提供企業によって管理されますが、ブロックチェーンの場合は不特定多数のブロックチェーンネットワーク参加者によって共同管理されています。

スマートコントラクト

スマートコントラクトとは、ブロックチェーンシステムの概念であり、あらかじめ設定されたルールに従って取引や処理が自動的に実行される契約履行管理の自動化を指します。

ブロックチェーン上に記録された実効性のある取引や契約について、その発動条件をプログラムして自動化することで、さまざまな業務をシームレスにつなげられます。

従来、取引や契約は信頼を提供する仲介者を通して実行していましたが、スマートコントラクトは仲介者を通さないため、コスト削減や不正防止にもなるでしょう。

DAOのメリット

次に、DAOのメリットを紹介します。

株式会社や自治体などの特徴と比較しながら確認してみてください。

  • 透明性が高い
  • 流動性が高い
  • 公平性に富む
  • 導入のハードルが低く、誰でも参加できる

透明性が高い

ブロックチェーン上で運営するDAOは、取引や記録がすべて保管されて可視化されるため透明性が高く、不正ができないことがメリットの1つとしてあげられます。

株式会社の場合、組織のルールがすべて公開されているとは限らないので、入社前に全部のルールを確認するのは難しいでしょう。

しかし、DAOは第3者からの目でも検証可能で参加前からDAOのルールを見れるので、どういう風に運営されているのかが誰でもわかります。

流動性が高い

株式と似たイメージを持つトークンですが、株式よりも流動性が高いです。

株式を売買する場合、一旦証券会社を通す必要があるのでタイムラグが出てしまい流動性も低くなります。

対してDAOのトークンの場合は直接取引されるため、流動性も高くなりコストも削減できます。

公平性に富む

前述したとおり、DAOにはリーダーや管理者がいません。

組織のリーダーや管理者が存在しないので、組織の決定事項はブロックチェーン上に書き込まれたスマートコントラクトにより自動的におこなわれるのが特徴です。

また、DAOの意思決定に関わるにはガバナンストークンを保有する必要があり、トークン保有者は組織運営に対する提案・投票する権利を得られます。

導入のハードルが低く、誰でも参加できる

DAOは、インターネット環境があればどんな人でもブロックチェーン上に設立できます。

会社を立ち上げるとなると、資金調達や事務所の手配などさまざまな部分に手間がかかりますが、DAOは24時間365日いつでも設立できて、設立と同時に資金調達ができます。

また、DAOは性別や国籍、年齢にとらわれず誰でも参加できるのが特徴です。

世界中のどの地域からでも自由にDAOの活動に参加できて、匿名も認められているので実名を公表しなくても働くことが可能です。

DAOのデメリット

続いて、DAOのデメリットも見ていきましょう。

ルールの変更がしにくい

DAOは、初めに決めたルールを途中で変更することが困難です。

リーダーや管理者がおらず民主的に運営される反面、逆に組織としての意思決定が遅くなりがちです。

投票によってルールを変更することは可能ですが、変更が頻繁に生じると信頼性が欠けてしまうため、変更しにくい傾向にあります。

法整備がされていない

DAOは近年誕生した組織形態であるため、各国の法制度が追いついていないように見受けられます。

そのため、DAOでなにかトラブルが発生した場合に誰が責任を負うのかという点が不明確です。

法的な枠組みも完全に整備されていないため、今後DAOが活動していく中で大きく注目されるポイントとなるでしょう。

転職するならIT業界がおすすめな理由

DAOやNFTから着想を得て、新しいサービスやビジネスを展開して新たな時代の扉を開いていくと予測されます。

DAOが一般的になっていくことで、株式会社ではなくDAOで運営する人が増えるでしょう。

とくに近年はDeFiの市場も拡大しており、DAOの注目が高まることで多くの投資が集まり、DAOは今後発展していくでしょう。

このように、今後もIT業界は成長していくと予想されるため、とくにIT技術者には将来性が十分あると考えられます。

お金や就職の安心面はもちろん、社会の基盤として多くの人に必要とされるやりがいのある業界でもあります。

そのため、IT業界に興味のある方や転職を考えている方はぜひエンジニア職にチャレンジしてみるのがおすすめです。

JOB DESIGNではカウンセラーがヒアリングを行い、希望やスキルに合った企業を紹介しています。

丁寧なヒアリングに定期的なフォローと、サポートが充実しているため、安心して案件を受けられます。

全案件フルリモートで、単価と質の高い案件が多いこともポイントです。

登録やカウンセラーとの面談は無料なので、気になる方は覗いてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました