優秀な人材は副業人材やフリーランスに多い?正社員にはないメリットとは…

excellent-human-resource_thumbnail 人材

世の中のほとんどの企業は、優秀な人材を採用したいと考えているはずです。しかし、募集をかけても優秀な人材が見つからず、悩んでいる人事担当者や経営者の方も多いのではないでしょうか。

優秀な人材が見つからない原因は、企業のビジョンや体制など、意外なところにあるかもしれません。

この記事では、優秀な人材の定義や条件、優秀な人材が集まる企業の特徴や採用方法について紹介します。

優秀な人材の定義

優秀な人材を一言で定義するならば「会社によい影響を与えられる人材」です。売上や利益はもちろん、直接的にマネタイズができない部署であれば、業務の効率化や経費の削減などもよい影響といえるでしょう。

また、一般的な水準と比べて高いスキルや能力をもった人材を優秀と定義するケースもあります。優秀な人材の定義は企業によって異なりますが、おおまかには以下の2つです。

  • 会社によい影響を与えられる
  • 高いスキルや能力をもっている

優秀な人材の条件

前述のとおり、優秀な人材の条件は企業や部署によって異なります。しかし、優秀な人材にいくつかの共通点があるのも事実です。

以下では、優秀な人材の条件について紹介します。

企業における自分の役割を理解している

まず、優秀な人材は企業や組織における、自分の役割を理解しています。自身に対して期待されていること、求められていることを理解したうえで、どんなタスクに取り組むべきかを判断できます

また、組織における役割を理解できる人材の特徴として、自己理解にも長けており、長所と短所をしっかり把握できている点もあげられます。そのため、長所を活かしつつ、短所をカバーする能力も身につけている人材が多いでしょう。

コミュニケーションスキルが高い

たとえ高いスキルや能力をもっていたとしても、一人で仕事を進めるのは非効率です。チームメンバーはもちろん、他部署や社外の協力者なども含めて、円滑にコミュニケーションをとって推進していくことが重要です。

どんなに個としてのスキルが高くても、他人との折衝能力がなければ中長期的に成功することはできません。

スキルや専門性を磨き続けている

優秀な人材に共通しているのは、現状に満足せずにスキルや専門性を磨き続ける向上心です。市場の動向や顧客のニーズはたえまなく変わっていくため、身につけた知識やノウハウも徐々に陳腐化していきます。

そのため、自分自身も日々アップデートしていかなければ優秀な人材にはなれません。専門分野を中心に、さまざまなことにアンテナを張って適応する力が求められます。

優秀な人材が集まる企業の特徴

優秀な人材に共通点があるのと同様、優秀な人材が集まる企業にも一定の特徴があります。優秀な人材の多くは、自身がどのような環境に身を置くのかについても意識しているため、優秀な人材が入りたくなるような企業があります。

以下では、優秀な人材が集まる企業の特徴について紹介します。

経営理念やビジョンが明確化されている

優秀な人材は、業務に対してやりがいを求める傾向があります。ただ与えられた仕事をこなすのではなく、自身でも軸をもっており、経営理念やビジョンが近い企業で働きたいと考えている方も多いでしょう。

そのため、ビジョン・ミッション・バリューを明確に打ち出していないと、企業としての価値ややりがいが伝わらず、優秀な人材にとって魅力的に映りません。

個々の社員が能力を発揮できる

優秀な人材は、自身の能力を発揮できる環境を求めています。そのため、実際に働いている社員が活躍していない職場に身を置きたいとは考えないはずです。

個々の社員が能力を発揮できる環境づくりには、社員に対して裁量権を与えて、積極的にチャレンジを支援する姿勢が重要です。

働く価値のある職場づくりがされている

優秀な人材が勤務先を選ぶとき、最終的な決め手は働く価値があると感じてもらえるかどうかです。つまり、既存の社員に対しても価値を伝えていくことが必要です。

働くことに対してどのように価値づけができるかを検討すべきでしょう。社外向けのマーケティングには力を入れていても、社内向けのインナーブランディングがしっかりできている企業はそう多くありません。

社員にとっても価値ある職場を目指すことは、社会的な意義や目的の達成と同じくらい大切であると認識しておきましょう。

優秀な人材は正社員だけとは限らない

優秀な人材は正社員だけとは限りません。長期にわたってフルコミットしてもらうには正社員が適していますが、優秀な人材を正社員として雇用するには大きなコストがかかります。

そこで人材採用におけるトレンドとなっているのが、副業人材やフリーランスの活用です。

副業人材・フリーランスを活用する企業が増えている

経済産業省が2017年に発表したデータによると、約2割の企業がフリーランス人材を活用しており、約3割の企業がフリーランス人材の活用を検討していると回答しています。

とくに情報・通信業に属する企業においては、フリーランス人材の活用が進んでおり、4割以上が実際にフリーランス人材を導入しています。

副業人材・フリーランスを活用するメリット

近年、正社員ではなく、副業人材やフリーランスで優秀な人材を獲得しようとする企業が増えています。しかし、副業人材・フリーランスを活用すると、企業側はどのようなメリットが得られるのでしょうか。

以下では、副業人材やフリーランスを活用するメリットについて紹介します。

特定の職種に長けたスペシャリストが多い

副業人材やフリーランスは、企業の看板を掲げずに個人で仕事をとっています。そのため、実績やスキルがたしかに評価されているといえるでしょう。

特定の職種に長けたスペシャリスト人材が多く、高い専門性や独自のノウハウをもっている可能性が高いです。

会社の生産性向上・業績アップにつながる

副業人材やフリーランスは、外部から客観的な視点で企業を見ています。社内のメンバーでは思いつかないアイディアを出したり、改善策を提案したりできる可能性もあります。

また、社内のメンバーが知識やノウハウをもっていない分野に長けた人材にジョインしてもらえれば、社内に新たな風が入るのはもちろん、社員のスキルアップも望めるでしょう。

低コストで即戦力人材を採用できる

即戦力人材を正社員として雇用するには、一定の採用費や人件費がかかります。優秀な人材は基本的に年収帯が高く、フルタイムで雇用するだけのコストをかけられないケースもあるでしょう。

しかし、副業人材やフリーランスの場合、稼働時間や工数を抑えればそれだけコストも低くなります。たとえば、週1回の勤務にしたり、スポットで発注したりすることも可能です。

副業人材・フリーランスを採用するならJOB DESIGN

副業人材・フリーランスの採用を検討している方には、人材エージェントサービスのJOB DESIGNがおすすめです。JOB DESIGNでは、広告代理店が認めた即戦力人材のみを紹介しています。

以下では、JOB DESIGNがおすすめの理由について紹介します。

\満足度90%超の人材エージェントサービス/

マーケティング業界に特化

JOB DESIGNは、近年人材不足が加速しているマーケティング人材を数多く抱えています。長年にわたり広告代理業を行ってきた知見とコネクションをもとに、課題の特定から要件の定義、最適な人材の紹介までをワンストップで対応します。

ユーザーの満足度92%

JOB DESIGNでは、マーケティング専門のアドバイザーがマッチングした人材を紹介します。そのため、企業側にとって最適な人材を採用できます。実際、JOB DESIGNを利用した企業のうち、92%以上が期待通りの人材を獲得できたと回答しています。

初期費用無料で採用コストを抑えられる

JOB DESIGNでは初期費用を無料に設定しており、ほかの媒体に比べて採用コストを大幅に抑えられます。さらに週2〜3日の稼働にすることによって、通常の正社員採用よりも安いコストでスペシャリストやマネージャークラスの人材を採用できる点も大きなメリットです。

JOB DESIGNでは優秀な人材を採用できる

多くの企業は、将来の成長のために優秀な人材が必要だと感じているはずです。

しかし、売り手市場の加速化が進んでおり、人材の採用や発掘に苦戦している担当者も多いでしょう。

JOB DESIGNでは、カウンセラーのサポートのもと、専門性の高い人材を募集できます。

人材の提案・契約締結業務の代行はもちろん、その他の相談やサポートにも柔軟に対応可能です。

企業登録や求人掲載は無料となっているため、ぜひ一度お試しください。

\マーケティングのプロが認めた人材だけを紹介/
タイトルとURLをコピーしました