フリーランスの人材募集を成功させるには?おすすめの方法5選!

人材

「優秀なフリーランスを見つけたい」

「何度募集をかけても欲しい人材が採用できない」

採用に関してこのような悩みはありませんか?

採用を成功させるには、自社に適した求人の募集方法を見極めることが大切です。

この記事では、フリーランス人材の募集方法5選と人材募集を成功させるポイント3つについて解説しています。

これからフリーランスの採用を考えている方や、採用がうまくいかない方は参考にしてみてください。

フリーランス人材の募集方法5選

では早速フリーランス人材を獲得する5つのおすすめな方法をご紹介します。

自社にとってどの方法が適しているのか比較してみましょう。

  • 知人の紹介
  • 自社ホームページ
  • 求人サイト
  • 人材紹介
  • SNS採用

知人の紹介

社員の知人や友人に紹介してもらって採用に繋げる方法です。

仕事内容や職場の雰囲気をよく知っている社員が仲介人になることで、信頼できる人材を獲する

能性が高まります。

また、最近では紹介してくれた社員にインセンティブを支給する企業も増えています。

メリット

  • 実際に働いている社員から話を聞いているはずなので、ミスマッチが少ない
  • 採用の工数が省ける

デメリット

  • 社員が採用活動を積極的にしてくれるような取り組みが必要
  • 大量採用の場合は難しい

自社ホームページ

自社のホームページやメディアに求人を載せる方法です。

無料かつ自由に掲載できるので、求人サイトには載せきれなかった情報を載せられるのが嬉しいポイントです。

文章だけでなく、動画や音声も活用できるのでオフィスツアーや社員インタビューコーナーなどを設けることもできます。

外注でなければすべて自力でやるため、掲載内容の鮮度を保つことやSEO対策も大切になってくるでしょう。

メリット

  • 自社の魅力を自由に掲載できる
  • コストを削減できる
  • 条件に合わせてこまめに修正や追加ができる

デメリット

  • ホームページがない場合は立ち上げなければならない(外注もできるが費用がかかる)
  • ホームページまでたどり着くような工夫が必要
  • 即効性があまりない

求人サイト

indeed・マイナビ・リクナビなどのWEB媒体での求人募集方法です。

近年では紙媒体よりもWEB媒体での掲載が主流になってきており、求人を探す時にまずはインターネットで検索してみる人が多いでしょう。

求人サイトによって決められた項目や構成があるので、全てを自由に掲載することは難しいのですが、自社のホームページやSNSなどに繋げて情報量を補うことも可能です。

無料から有料までさまざまなサイトがあり、採用後に支払う成功方や月額利用で料金を支払うサイトなど、さまざまな媒体から選べます。

メリット

  • さまざまなサイトがあるので、希望のコストややり方に合った方法が選べる
  • 多くの求職者へリーチできる

デメリット

  • サイトによっては採用に至らなくてもコストが発生する
  • 料金の高いプランにしないと掲載上位にあがらないサイトもある

人材紹介

人材紹介では条件に合うフリーランスを紹介してもらえます。

面接の段階まで人材紹介会社が面談を行っていることが多いので、選考の手間が省けるでしょう。

掲載だけに関しては無料のところもありますが、採用が決まれば紹介料が発生します。

紹介料はかかりますが、採用担当のコストや時間のパフォーマンスを考えると低コストで質の高い人材が採用できる方法でしょう。

また、おすすめエージェントなどについてはこちらの記事で詳しく解説しているので、合わせてご覧ください↓(フリーランスを活用するメリット3つを紹介!注意点とおすすめサービスも)

メリット

  • 採用工数を省ける
  • 採用のプロが紹介するので、質の高い人材が採用できる
  • 急募でも対応してくれやすい

デメリット

  • 他の方法に比べてコストがかかる
  • 採用スキルが上がらない

SNS採用

SNSでの採用はTwitter・Instagram・FacebookなどのSNSを活用して求人を募集する方法です。

アカウント取得は無料なので、募集のコストがかからず始めやすいのがポイントです。

フォロワーが少なかったとしても拡散力のあるSNSなら、多くの人に見てもらえる可能性があります。

また、ホームページや求人サイトだけでは伝えきれない魅力を発信でき、応募者自身もアピールしやすいのでミスマッチを防ぎやすいです。

メリット

  • 拡散力がある
  • 仕事の雰囲気やリアルな魅力を発信できる
  • 相互を知った上で選考進めることも可能なのでミスマッチを防げる
  • 低コストで利用できる

デメリット

  • ターゲットに絞った募集が難しい
  • こまめに情報を発信し続けなければ見つけてもらいづらい

人材募集を成功させるポイント3つ

せっかく求人募集をかけるのであれば、できるだけロスはしたくないですよね。

以下、人材募集を成功させるためのポイントを3つご紹介します。

  • ターゲットを明確にする
  • 自社に合った求人媒体の選定
  • 求職者が求めている情報を掲載

ターゲットを明確にする

ターゲットを明確にすることは、欲しい人材を確保するための最も重要な工程です。

求めるスキルや経験、人柄、年齢、性別などを洗い出し優先順位をつけましょう。

さらに、出された条件の中で、「必須項目」と「できればの項目」の2つに分けましょう。

どの項目が必須なのか明確にすることで、採用したいターゲット像が見えてきます。

あれもこれもと欲張りになってしまうと、「本当はターゲットの人物だったのにうまくアプローチできなかった」ともったいないことをしてしまうかもしれません。

また、採用担当者が複数名いる場合は、共通で同じ認識をもつために、ペルソナ設定を設計しておきましょう。

「ペルソナ」とは一人の人物像のことで、上記のほかにも前職や休日の過ごし方、趣味などの設定も含まれます。

ターゲットと似たようなイメージですが、ペルソナの方がより深く詳細に人物像を設定します。

こちらの記事ではフリーランスの採用術について詳しく解説しているので、参考にしてみてください↓

【フリーランスの採用術】最高効率で生産性を上げるための人材選び

自社に合った求人媒体の選定

上記でご紹介した以外にも求人方法はたくさんあるので、自社に適した求人媒体の選定を行いましょう。

専門性の高い人材が欲しいなら社員の紹介や人材紹介、大量募集したいなら求人サイト、コストを削減したいならSNS採用や自社ホームページ。

このように、今自社が求める人物や解決したいことを考えて求人方法を選びましょう。

求職者が求めている情報を掲載

求職者がどのような情報を求めているのかリサーチして、情報を掲載することも重要です。

「完全フルリモート可能」や「能力に応じて高収入も可能」など魅力的な情報を盛り込みましょう。

業界や職種によって異なりますが、働きたいと思っているフリーランスが仕事を選ぶ上で何を求めているのかを考えると、マッチングしやすくなります。

効率よく優秀な人材を見つけるなら人材紹介

人材紹介なら採用工数を削減しつつ、人間の目でしか図れないような部分も運営側がしっかりと見極めてくれるので、優秀な人材を発掘できます。

採用に慣れていない方や不安な方でも、プロのカウンセラーと相談しながら進められるので安心できますよね。

JOB DESIGN」なら、プロレベルのスキルをもったフリーランスの採用が可能です。

カウンセラーが丁寧にヒアリングを行い、個人・会社の希望や状況に合わせて最もよいワーカーを紹介しています。

掲載料や紹介料はかからないので、フリーランスの人材発掘を検討中であれば、とりあえず登録しておくのもいいでしょう。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image.png
タイトルとURLをコピーしました