フリーランスと会社員の違いとは?メリット・デメリットも詳しく解説

フリーランス

フリーランスに興味がある人の中には、「ぶっちゃけ会社員とどっちがいいの?」と思う人が多いのではないでしょうか。

フリーランスは正社員に比べると働き方が自由になりますが、一方でデメリットもあります。

この記事では、フリーランスと会社員の違いやフリーランスのメリット・デメリット、会社員からフリーランスになるためにしておくことについて解説しています。

フリーランスのメリット・デメリットを知ることで自分に合った働き方がわかるはずです。

フリーランスに転身しようか迷っている方は参考にしてみてください。

フリーランスと会社員の違い

フリーランスと会社員の大きな違いは契約のスタイルです。

会社員は企業と直接雇用契約を結んでいるのに対し、フリーランスは基本的に契約は単発で結びます。

また、会社員なら仕事時間や内容、休日の取り方などは会社の規定に従う必要がありますが、フリーランスであれば働く場所や時間を自分の好きなように選べるため、会社員に比べて自由度が高いのが特徴です。

収入に関しては、フリーランスでも年間契約で安定した収入を得ている人もいますが、スキルや実績がないと難しいです。

一方、会社員は毎月決まった日に固定の給料が支払われるので収入は安定します。

どちらの働き方にもメリット・デメリットはありますが、ここではフリーランスのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

フリーランスのメリット5つ

フリーランスのメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

フリーランスの働き方の以下5つのメリットを解説します。

  1. 自由な働き方ができる
  2. 収入UPを期待できる
  3. 人間関係のストレスが少なくなる
  4. 仕事を選べる
  5. 地方で暮らすことを検討できる

自由な働き方ができる

フリーランスの一番の魅力は好きな場所、好きな時間など自由な働き方ができることです。

会社員であれば決まった時間に決まった場所で過ごしますが、フリーランスであれば自分にとっての最適なやり方で仕事を進められます。

エンジニアやwebデザイナーなど在宅でできる案件なら、自宅やカフェ、旅行先でも仕事ができますよ。

また、通勤やオフィスにいるストレスからも解放されるのは大きなメリットです。

自分の好きな場所や時間で働けることで、より快適に仕事ができるでしょう。

収入UPを期待できる

フリーランスなら、自分が働いた分だけの報酬が入るので、収入UPが期待できます。

会社員であれば、毎月の収入が固定されているため、インセンティブ制度などがなければ年収の大幅アップは期待しにくいです。

結局は会社次第なので、自分だけが成果を出すことができても、会社自体の業績が悪ければ給料UPはできないことが多いでしょう。

その点、フリーランスは売上と収入が直結するので、やり方次第では大幅な収入UPが見込めます。

人間関係のストレスが少なくなる

フリーランスであれば、一緒に働く人も選べるので好きな人と仕事ができることもあります。

クライアントや外注パートナーなど、仕事上で構築される人間関係が限られてるので、そこをできるだけストレスの少ないものにすれば、人間関係のストレスは大幅に削減できます。

まったく人と関わらなくていいというわけではありませんが、会社員のように苦手な人とつながりをもたなければいけない、ということはありません。

仕事を選べる

フリーランスは、仕事の内容自体を選べます。

会社員であれば、自分がやりたくない仕事をしないといけなかったり、希望の部署に配属されなかったりする場合があります。

フリーランスは仕事を自分で取らなければいけませんが、好きな仕事を選べるので、その分ストレスも減るでしょう。

地方で暮らすことを検討できる

在宅でできる仕事であれば地方へ移り住むことも可能です。

地方へ移れば家賃の負担を大幅に下げることができるので、かなりのメリットではないでしょうか。

また、今後子育てを考えている方なら地方の方が子育てがしやすいかもしれません。

待機児童が少ないため、自宅近くの保育園に入所できる可能性が高くなります。

自宅から近い保育園に通えれば送り迎えの心配やストレスも軽減されるでしょう。

また、都会に比べて人口の少ない地方なら、休日の人混み具合にイライラすることが少なくなりますよ。

フリーランスのデメリット5つ

ここまでフリーランスのメリットについて書きましたが、デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

以下の5つのデメリットについて解説します。

  1. 収入が安定しない
  2. 生活リズムが乱れる
  3. 社会的信頼が低くなる
  4. 主業務以外の雑務が多い
  5. 孤独を感じる

収入が安定しない

フリーランスのもっとも大きなデメリットは、収入が不安定であることです。

会社員のように毎月決まった金額が振り込まれる安心感はフリーランスにはありません。

体調不良であっても、仕事ができなかった月はその分収入に影響します。

また、フリーランスは自分で営業をして仕事を取らなければいけません。

仕事が取れなければもちろん収入を得られないので、仕事が取れた月とそうでない月で収入が上下する可能性があります。

生活リズムが乱れる

自分のペースで仕事を進めることになるので、自己管理ができない人だと生活リズムが乱れてしまいます。

完全在宅の仕事は昼寝をしすぎて夜眠れなくなるなどなってしてしまい、夜型人間になりやすいです。

また、収入UPをさせようと自分の力量を超える量の仕事をすれば、仕事に追われる毎日で、最悪体調を崩すかもしれません。

社会的信頼が低くなる

フリーランスは収入が不安定であることから、社会的信頼が低くなる可能性があります。

たとえば、ローンの審査が通りにくかったり、事業に必要な資金が得られなかったりします。

まったく難しいというわけではありませんが、確実にハードルは上がるでしょう。

フリーランスとして働くことを考えているのであれば、企業に勤めているあいだに契約しておくのがおすすめです。

主業務以外の雑務が多い

フリーランスになると、経理や確定申告などの雑務もひとりでこなさなければなりません。

税理士に依頼するのも一つの手ですが、税理士を探すまでの労力や資金がかかってしまいます。

経理ソフトやクラウドサービスもあるので、自分が使いやすいものを見つけて、取り入れるのがいいでしょう。

孤独を感じる

完全在宅などで人との関わりがなくなれば、孤独を感じることもあります。

ビデオ通話での打ち合わせもありますが、基本的にはチャットが主流です。

フリーランスになりたてのころは、会社員時代の人間関係のわずらわしさから自由な毎日が楽しいと感じるでしょう。

しかし、1日中外に出ずに誰とも話さない日が続くと徐々にさみしくなっていきます。

そのため、セミナーに参加したり、SNSを活用して人脈を広げたりするフリーランスの人は多いですよ。

会社員からフリーランスになるなら

会社員からフリーランスになりたい人はどのようなことをしておけばいいのでしょうか。

今からしておくべき以下3つのことを解説します。

  • スキルを磨く
  • クレジットカードやローンの契約をしておく
  • 人脈を広げる

スキルを磨く

フリーランスは自分のスキルを活かして働くため、スキルが高ければ高いほどより高単価の案件が獲得できます。

フリーランスとして生き残っていくためには、現状維持でいるとしてもスキルアップは必要不可欠です。

とくにIT系は新しい技術や業界のトレンドの把握や習得が常に必要になります。

スキルがなければ収入アップや安定した案件の確保が難しくなるので、自分の価値が高くなるようにスキルを磨きましょう。

クレジットカードやローンの契約をしておく

年金の切り替えや開業届出書の提出などは一般的ですが、意外とやっておいたほうがいいのはクレジットカードやローンの契約です。

駆け出しフリーランスのころは、仕事の実績がないため収入が安定していないと判断されてクレジットカードやローンの審査に通過しにくいと言われています。

新しいクレジットがほしい場合や、ローンを組むほどの大きな買い物を検討している場合は、会社員のうちに済ませておきましょう。

人脈を広げる

フリーランスで大切なのが人脈を広げておくことです。

人脈づくりをしておくことで仕事の紹介につながることがあります。

会社員なら会社の中から人脈を広げることは比較的簡単ですが、フリーランスになると自分だけの人脈をフル活用して仕事を取らなければなりません。

今の会社で今後仕事につながりそうな人がいれば今のうちにつながっておきましょう。

また、休日や空いた時間に

  • コミュニティ
  • セミナー
  • SNS
  • マッチングサービス

などを活用しておくことで知識やスキルだけでなく人脈も広げられ、フリーランスになったときに仕事がしやすくなるかもしれません。

そのとき知り合った人が直接仕事につながらなかった人でも、その人の知り合いから仕事が取れることもあります。

「セミナーに参加する時間がない」「積極的に自分からいくのが苦手」な方は、まずはJOB DESIGNのようなマッチングサービスがおすすめです。

カウンセラーが希望に沿った案件を紹介してくれて定期的にフォローもしてくれるのでこれからフリーランスになる方や駆け出しの方でも安心して利用できますよ。

メリット・デメリットをふまえて働き方を考えよう

フリーランスは自分で営業から雑務までしなければいけなかったり収入が安定しなかったりする一方、自由な働き方ができて収入UPも狙えます。

フリーランスのメリット・デメリットをふまえ、自分の性格やキャリアプランをしっかりと考えて選びましょう。

現在会社勤めでフリーランスに興味があるという人は、まずは副業からはじめて実績をつんでおきましょう。

JOB DESIGNでは副業で活躍されている方もたくさんいます。

気になる方はぜひ覗いてみてください。

タイトルとURLをコピーしました