仕事がないフリーランス必見!7つの取るべき行動と注意点を徹底解説

フリーランス

フリーランスとして活動し始めた方の中には、仕事がなくて生活に不安を感じている方が多いのではないでしょうか。

フリーランスは、行動次第で新たな仕事を獲得できます。

この記事ではフリーランスで仕事がない状態に陥ってしまう原因や取るべき行動、案件を探すときの注意点について解説します。

原因と対処法を知っていることで、無駄に焦ることなく心にゆとりを持ちながら営業活動ができます。

仕事探しに困っている方は、参考に仕事を探してみてください。

【フリーランス】仕事がない原因

仕事がないフリーランスには、共通している原因が3つあります。

  • 条件に厳しすぎる
  • 正しい営業活動ができていない
  • 顧客を満足させるほどのスキルがない

これらを改善するだけでも、仕事を探しやすくなりますよ。

それぞれ解説します。

条件に厳しすぎる

フリーランスは、働いた分だけお金をいただけるシステムです。

そのため、報酬に直結する仕事内容や条件に気を配るのは当然のこと。

しかし中にはその条件が厳しすぎて、なかなか仕事を受注できないフリーランスがいます。

条件に1つでも当てはまらない案件をどんどん切り捨てた結果、仕事が残らない状態になることも。

単価の低い案件までも引き受ける必要はありませんが、ある程度譲歩することも大切です。

営業活動をしているにもかかわらず、なかなか契約先が見つからない方は条件を見直してみると良いかもしれません。

営業活動ができていない

営業活動ができていないことも、仕事がないフリーランスになる原因です。

フリーランスは、待っていても仕事は来ません。

営業活動を行わなければ、生活費が稼げずどんどん困窮していきます。

働いた分だけ報酬が得られるフリーランスならば、落ち込み立ち止まらずに、営業活動をしていくべきです。

営業活動とは、気になる会社に応募することだけではありません。

  • ポートフォリオの整備
  • SNSでの発信活動
  • 交流会への参加

これら全てが営業につながっていきます。

自分にはどんな営業スタイルが向いていて、何をするべきなのか洗い出した上で改善していきましょう。

顧客を満足させるほどのスキルがない

顧客を満足させるほどの営業スキルがないことも、仕事が見つけられないフリーランスによくある原因です。

企業が仕事を依頼する際に、スキルはチェックされる項目の1つ。

企業にとってスキルのわからないフリーランスに依頼するのは、かなりの賭けになります。

たとえ仕事が獲得できたとしても、クライアントが希望するクオリティを提供できなければ継続して依頼をもらうことは難しいでしょう。

スキル不足だと感じる場合は、現状に見合う仕事をしながら実績を積み上げて、スキルアップを目指してみてください。

さらにトレンドをキャッチして、学び続ける姿勢が大切です。

仕事がないフリーランスが取るべき7つの行動

仕事がないフリーランスは、どのような行動を取るべきなのでしょうか。

今の状況を改善したい場合は、7つの行動を参考にしてみましょう。

  1. ポートフォリオを作っておく
  2. 勉強会やSNSで人脈を作る
  3. 条件を見直してみる
  4. スキルアップをする
  5. 昔の知人やクライアントに連絡をしてみる
  6. マッチングサイトを使ってみる
  7. 提案力・コミュニケーションスキルを磨く

それぞれ解説します。

1.ポートフォリオを作っておく

まずはポートフォリオを作っておきましょう。

ポートフォリオは、クライアントに提出するものであり、正しく記載していなければ自分の能力を最大限にアピールできません。

自分が活躍できる能力を十分持っているにもかかわらず、不採用となることも。

自分のスキルを棚卸して、できることをまとめておきましょう。

ポートフォリオは、スキルや経歴をまとめるだけではなくお問合せフォームを設置しておくと声がかかりやすくなります。

2.勉強会やSNSで人脈を作る

仕事がないと悩むフリーランスは、勉強会やSNSで人脈を作りましょう。

一見人脈は関係ないと思われますが、知り合いを作っておけば紹介から仕事を増やせる可能性があります。

そのため勉強会やSNSで、人脈を作る意識をしておきましょう。

勉強会に参加するときには、ただ行くだけでは意味がありません。

自分がどんな人か印象付けられるよう、名刺を準備して仲良くなった人に渡しておきましょう。

すると後日思い出してもらえて、仕事相手に選んでもらえる可能性があります。

SNSを使って発信する場合は、得意領域について発信し、プロフィールを作り込んでクライアントに見つけてもらえるようにしてください。

3.条件を見直してみる

条件が厳しい場合は、見直してみるのも1つの手です。

特に実績を積み上げられていない場合、選り好みしてしまうと仕事自体がなくなってしまいます。

条件を改めて見直して、自分に合った案件を再度探してみましょう。

見直す際には、優先順位を付けておくのがおすすめです。

例えば、

  1. スキルアップ
  2. 単価

と順位を付けていたとします。

すると単価が少し低い求人があったとしても、スキルアップに繋がるため切り捨てること無く応募できます。

自分の可能性を狭めないためにも優先順位を付けて、視野を広くして案件を探してみましょう。

4.スキルアップをする

案件を探すことと同時に、スキルアップも図っていきましょう。

特にIT業界はトレンドがあり、常に新たな知識が求められます。

もともと身につけていた知識を磨くことはもちろん、関連する知識も得ていきましょう。

1人で勉強するのもいいですが、人脈づくりも加味すると勉強会に参加するのがおすすめです。

案件探しに没頭するのではなく、現状からさらにステップアップできるように勉強していきましょう。

5.昔の知人やクライアントに連絡をしてみる

フリーランスには、人脈が大切であることは前述しました。

もしも既に十分な人脈がある人は連絡してみましょう。

連絡を取れば、案件を依頼してもらえる可能性があります。

たとえすぐには仕事につながらなかったとしても、仕事の情報を得られたり、しばらくして連絡が来たりします。

紹介で仕事を貰う場合は、人間関係を大切にし、普段の仕事でもいい評価が得られるよう常に努力しておきましょう。

6.提案力・コミュニケーションスキルを磨く

企業に直接営業したり、クラウドソーシングで案件を探したりする場合は、提案力・コミュニケーションスキルは必要です。

なぜならこれらの能力は、応募するときにクライアントに見られるからです。

どんなに仕事ができる人でも、提案力が低ければ自分の実力をアピールできません。

さらに契約を取れたとしても、コミュニケーションスキルが低いと意思疎通ができず「一緒に働けない」と判断されてしまいます。

提案力・コミュニケーションスキルは本を読んだり、クライアントとのやり取りを通して学んでいきましょう。

7.マッチングサイトを使ってみる

実際に仕事を探す場合は、マッチングサイトを使うのがおすすめです。

マッチングサイトは、案件の契約から締結まですべて担当者がサポートしてくれます。

クラウドソーシングのように、システムだけ提供されて自分で案件を探すサービスではありません。

自分に合った案件が紹介されるため、応募時とのギャップも発生しにくくなります。

JOB DESIGNは、完全フルリモートで豊富な種類の案件を掲載しています。

無料で使えるため、マッチングサイトを探している方はぜひ公式サイトを確認してください。

フリーランスが仕事を探すときの注意点

フリーランスが仕事を探すときには、注意点があります。

これらが守れていないと、自分の価値を下げたり、レベルアップが難しくなったりします。

以下の2つは、仕事を探す前に把握しておきましょう。

  • 単価を下げすぎない
  • スキルアップにつながらない仕事は避ける

単価を下げすぎない

仕事を探すときには、単価を下げすぎないように注意しましょう。

生活費が稼げないとなると「何でもいいから仕事をしなければ」という気持ちになり、単価を下げてしまう方がいます。

しかし制限なく下げてしまうと、働いているのに稼げない状態が続き、不安が払拭されません。

さらに下げた単価が自分の価値になってしまい、継続しても低い単価のままになってしまう可能性があります。

譲れる最低のラインを決めておいて、それ以下になる案件は辞退するようにしましょう。

スキルアップにつながらない仕事は避ける

スキルアップにつながらない仕事は、避けるようにしてください。

なぜなら生活費の補填にしかならず、長い目で見ると収入面の向上にはつながらないためです。

例えばフリーランスエンジニアであれば、スーパーのレジ打ちのバイトはおすすめできません。

もしもアルバイトをするのであれば、Web制作会社のアルバイトに応募してみるなど長い目で見て、自分のスキルと結び付けられる仕事を見つけてみてください。

仕事がないからと言ってあまり焦りすぎないように気をつけましょう。

仕事がない状態を打破するために正しい行動をとろう!

仕事がない状態は、工夫次第で打破できます。

まずは原因を知って、なぜ仕事が見つからないのか分析をしていきましょう。

分析ができたら、対策法を実践してみてください。

フリーランスは、ただ闇雲に営業すればいいわけではありません。

人脈をつくり、仕事がいつ来ても良いようにスキルアップを図っておきましょう。

ポートフォリオや提案力を磨いて、自分の実力をクライアントに正しく把握してもらえるようにしてください。

条件が厳しすぎる人は、優先順位を決めて見直しておきましょう。

ただし、単価があまりにも低い案件は、無理に請ける必要はありません。

さらにスキルアップにつながらない仕事は避けて、関連する仕事を探してみてください。

JOB DESIGNでは、フリーランスになりたてでも働ける案件が豊富にあります。

気になる方はぜひ覗いてみてください。

タイトルとURLをコピーしました