人材戦略を立てて即戦力を採用する方法とは?ポイントから注意点まで紹介

human-resource-strategy 人材

近年、人材戦略をもとに採用や組織構築を進める企業が増えています。

人材戦略には、新しく人材を採用するだけではなく、既存社員が効率よく働ける環境を整えるなどの目的もあります。

そのため、採用を検討している企業でなくても、人材戦略をもとに組織を構築していくことは非常に重要です。

この記事では、人材戦略の概要、人材戦略を立てる際の方法やポイントについて解説します。

人材戦略とは

人材戦力とは、社員一人ひとりの能力を最大限に活かすことで、経営目標を達成するための戦略のことです。

人材戦略の導入によって成功している事例は多くあり、働き手となる世代の減少にともない、人材の確保が難しくなる現代において企業の関心が高まっています。

人材戦略における4つのポイント

人材戦略を成功に導くには、人材戦略におけるポイントをおさえておくことが重要です。

以下では、4つの観点から人材戦略のポイントについて解説します。

優秀人材の採用

人材戦略においては、優秀な人材を採用することが必要不可欠です。

どのような分野でも、深い知識や高い技術を持った人材のリードがあってこそ、経営目標を達成できます。

そのため、自社が求めるのはどのような人材であるのかを明確化して、求める人物を採用するための戦略を練る必要があるでしょう。

能力を発揮させる育成

人材戦略においては、優秀な人材を発掘・採用するだけでなく、社員の育成も重要な課題です。

優秀な人材はなかなか企業が手放さないことから、市場に現れることも少なく、たとえ出会えたとしても多くの企業がオファーを出すため、獲得するのは簡単ではありません。

そのため、自社の社員を育成して、しっかりとポテンシャルを発揮させることも大切です。

研修会や勉強会などを整備することによって、経営基盤をより強力にできるでしょう。

戦略的な人員配置

人材を育成して能力を伸ばしたとしても、人材を適所に配置できていなければ意味がありません。

個人のスキルや力量によって能力を発揮できる場所は異なるため、ポテンシャルを最大限に活かせるよう、戦略的な配置を検討することが重要です。

人材が定着する環境

離職率を低く抑えて、優秀な人材が流出しないようにすることも人材戦略の一つです。

人材を会社に定着させるには、充実した福利厚生、多様な働き方への対応をはじめ、さまざまな要素があります。

どんな環境を用意するかについては、企業側の都合で決めるのではなく、社員が求める環境を整えるようにするとよいでしょう。

企業に対する愛着度として、従業員エンゲージメントなどの指標を設定して、KPIに据えるのもおすすめです。

人材戦略の立て方

人材戦略の立て方は企業ごとに異なるため、一概に最適な方法を断言することはできません。

しかし、業種や職種を問わず、基本的な流れやおさえておくべきポイントは存在します。

以下では、人材戦略の立て方について詳しく解説します。

経営戦略への理解を深める

人材戦略を立てるうえで重要なのは、経営戦略への理解を深めることです。

具体的には、客観的な数値やデータなどの情報収集を行い、企業の経営状態に関して明確に把握しておくことが大切です。

また、経営戦略の全体像を把握して、人材戦略に取り組む意義を理解しておきましょう。

求める人物像を明確にする

人材戦略を立てるにあたって、はじめに求める人物を明確にしておかないと採用が失敗しやすくなります。

求める人材の能力や経験、入社を希望している理由や経緯なども詳しく定義しておきましょう。

なお、人物像を明確化する際には、入社後の配属や業務の分担なども含めてイメージをつくっていくとよいでしょう。

現状把握してから経営目標を立てる

次に、現状を的確に把握して経営目標を立てます。

部署ごとの人数の過不足、人材の能力や特徴などをもとに目標を検討することによって、理想ばかりにとらわれない経営目標を設定できます。

経営目標の達成に向けて、どのような人材戦略を立てるべきかという観点からも考慮することがポイントです。

人材戦略のプロセスを設計する

ここまでで整理した情報をもとに、最終的な人材戦略のプロセスを設計します。

新たな人材の採用はもちろん、部署構成の変革や配置の転換なども含めて、経営目標を達成するうえで最適な体制を探るとよいでしょう。

一方、理想ばかりを追い求めて、現実的でない戦略を立てても意味がありません。

戦略の策定後、実行していくことを前提に、実現性の高い戦略を設計するようにしましょう。

人材戦略を実行するときの注意点

人材戦略を実行するには、いくつかの注意点があります。

以下では、人材戦略の実行にあたって注意すべきポイントについて紹介します。

人材戦略を社内へ共有する

人材戦略を実行する際は、事前に構想を社内へ共有しておくことが重要です。

組織が大きくなればなるほど、変化が受け入れられるまでには時間がかかります。

しかし、あらかじめ変化の目的や内容を伝えておくことによって、全社が一丸となって変化に適応しやすくなるでしょう。

PDCAサイクルを回す

PDCAサイクルを回すことによって、計画・実行・評価・改善のプロセスを効率的に循環させられます。

当初は緻密な計算をもとに立てられた人材戦略であっても、実行していくなかで課題や改善点が生じるはずです。

そのため、プロセスの途中で評価や改善を繰り返して、より優れた人材戦略にアップデートしていくことが大切です。

人事体制を整えておく

人材戦略を実行するには、さまざまな人材の個性や能力を活かせるような組織作りが重要です。

優秀な人材がいる組織であっても、人事体制が整っていなければ、能力を発揮できる環境づくりや適切な評価ができません。

そのため、働き方や評価制度を柔軟に調整できるよう、人事体制を整えておきましょう。

採用戦略において中途・フリーランス人材を狙うメリット

近年、採用戦略において中途・フリーランス人材を狙う企業が増えています。

あえて中途・フリーランス人材を狙う背景には、さまざまなメリットがあります。

以下では、中途やフリーランスを採用するメリットについて紹介します。

専門的なスキルをもっている

中途・フリーランスの人材は、自身のノウハウや専門的なスキルをもっていることがほとんどです。

そのため、スキルの面で明確なビジョンがある場合には、中途やフリーランス人材に絞って採用戦略を立てるのがおすすめです。

新しい視点を得られる 

外部から人材を入れることによって、社内の人材とは違った視点で物事を見られるため、新しい視点や発想を得られます。

これまで気付けていなかった課題や問題を明らかにできる可能性があり、企業の発展にもつながるでしょう。

即戦力人材を採用するならJOB DESIGN

人材戦略を立てた結果、即戦力人材の必要性に気付いた企業におすすめしたいのがJOB DESIGNです。

JOB DESIGNはエージェント型の人材紹介サービスとなっており、企業の課題の発掘から人材要件の定義、マッチングまでを一貫してサポート可能です。

以下では、JOB DESIGNをおすすめする理由について紹介します。

企業の要望に最適な人材を紹介

JOB DESIGNを運営する株式会社Growthは、広告代理事業を幅広く展開しており、Web業界を中心にさまざまなコネクションをもっています。

そのため、紹介できる人材の選択肢が多く、企業のニーズに応じてふさわしい人材を紹介可能です。

即戦力人材をアサインできる

JOB DESIGNでは、専門的な知識とノウハウをもったキャリアアドバイザーがヒアリングをして、企業ごとに適した人材をアサインします。

キャリアアドバイザーもWeb業界に精通しているため、企業側でビジョンが定まっていなくても、どのようなスキルをもった人材が必要かを的確に判断することが可能です。

そのため、即戦力として活躍できる人材とマッチングできるでしょう。

必要なタイミングで依頼できる

JOB DESIGNは、依頼してから人材を紹介してもらえるまでのリードタイムが短い点も特徴です。

そのため、サポートが必要なタイミングで人材を獲得でき、無駄なコストの発生も抑えられます。

最短5日で人材の紹介を受けられるため、緊急で人材が必要になったときには非常に役立つでしょう。

\人材がアサインされるまでは無料で利用可能/

人材戦略はビジネスの計画的なスケールに必須

人材戦略は、企業を発展させていくうえで欠かせない戦略の一つです。

企業にとって必要な人材を採用し、既存社員の能力の底上げを図ることで、生産性の向上や人材の定着が見込めます。

また、人材戦略をもとに採用や組織改変を行っていくことによって、戦略的かつ計画的に改善を進められます。

人材戦略を活用してこそ、効率的にビジネスを発展させていけるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました