転職するか迷うときに頭の中を整理するコツ3つ|今やるべきこととは

転職

転職についてこのように悩んだことはありませんか?

「転職するかしないか迷う」

「転職して失敗したらどうしよう」

「将来独立したいから、もっとスキルアップできる環境にいくべき?」

今の感情だけで転職してしまうのはよくありませんが、自分にとっての転職の軸はなんなのか、この機会にきちんと考えておくのもいいかもしれませんね。

この記事では、転職するか迷うときに頭の整理するコツや注意点、やってみるべきことについて解説しています。

転職は、ある程度のリスクを伴うものなので頭の中を整理して慎重に判断しましょう。

転職するか迷うときに頭の中を整理するコツ3つ

転職を迷うときはどのように頭の中を整理すればよいのでしょうか。

ここでは、以下3つの方法について紹介しています。

  • 自分にとっての優先順位を明確にする
  • だれかに話を聞いてもらう
  • 紙に書き出してみる

自分にとっての優先順位を明確にする

転職に迷うときは、給与面や職場の雰囲気、業務内容、プライベートとの両立など、自分の中での優先順位を明確に決めておきましょう。

仕事選びの優先順位が明確に決まってないと、転職したあとに後悔してしまうことがあります。

現職での悩みがどれくらいの優先度なのか考え、自分の軸をしっかりもつことが大切です。

だれかに話を聞いてもらう

誰かに、転職についての悩みや自分の考えを話すこともよいでしょう。

最終的には自分が決断することになりますが、話すことで頭の中が整理されることがあります

家族や友人、信頼できる同僚などの第3者の客観的な意見を聞くことで、参考になることもあるかもしれません。

ただ、価値観を押し付けられたり、いろんな人のアドバイスを聞きすぎると余計わからなくなるので、相談する人を選びましょう。

紙に書き出してみる

自分の思考を紙に書き出すことで頭の中を整理できます。

  • なぜ転職したいのか
  • その悩みは転職しないと解決できないのか
  • 仕事でやりがいを感じるか
  • 将来どうなりたいのか
  • 仕事とプライベートをどう両立したいのか

こういったことを書き出すことで、視覚化されて自分の考えがまとまりやすくなります

また、時系列で過去から未来のキャリア像や現在取得したスキルを書き出してみるのもいいでしょう。

そうすることで、自分を活かせる企業の参考になったり、これから取得するべきスキルが明確になったりしますよ。

転職を迷うときにおさえておくべき注意点

ここでは、転職を考えたときにおさえておくべき注意点について解説しています。

ポイントをおさえて、後悔しないようにしましょう。

給料が下がるかもしれない

収入が第一優先でない場合や未経験の職種に挑戦する場合は、給料が下がってしまうかもしれません。

しかしそれは、自分のもっているスキルやそのときの転職市場などによっても変わってきます。

とくに、異業種や未経験の職種になると現在よりも給料やポジションが下がる可能性が高くなります。

そのためには、できるだけスキルや経験を積み、自分の価値を高めておいたほうがいいでしょう。

人間関係をゼロから構築しなければならない

転職すると、人間関係をゼロの状態から構築しなければなりません。

コミュニケーションが得意な人はいいのですが、苦手な人であれば億劫に感じてしまうでしょう。

転職先でどんな人がいるか、自分と合う人間性の人が多いのかなどは入ってからでないとわかりません。

フリーランスになることを考えているのであれば一緒に働く人は自分で決められるのでいいのですが、企業で働くのであれば人間関係のよさは重要な項目です。

今の会社で人間関係に不満がないのであれば、新しい環境が苦手な人は転職直後は苦労するでしょう。

転職したほうがいい人

では、具体的に転職をしたほうがいい人はどのような人なのでしょうか。

以下3つの特徴をもつ人は転職を考えることをおすすめします。

  • はっきりとした目的がある人
  • 現職では働き続けられない人
  • 今の環境でできることはすべてやりきった人

はっきりとした目的がある人

別職種やフリーランス、起業など今の会社ではできなくてやりたいことが明確にある人は、転職を前向きに考えたほうがよいでしょう。

はっきりとした軸があるため、企業探しや独立の準備もスムーズに進む傾向があります。

ただ、給料が下がる、独立に失敗などのリスクもあるので覚悟した上で転職をしましょう。

現職では働き続けられない人

人間関係や長時間労働、給与面の低さなどからこの環境では続けられないと考えているのであれば転職を考えましょう。

このまま続けていると精神的なストレスから鬱になったり、疲労で体調をくずしたりするかもしれません。

異動願いを出すなどの対処をした上で変わらないのであれば、自分がこわれてしまう前に転職活動をはじめましょう。

今の環境でできることはすべてやりきった人

今の環境で転職理由について改善できることはすべてやりきったけど、それでも今の職場がダメなのであれば転職しましょう。

すべてやりきったにもかかわらず見合った結果がついてきていないのは、今の環境が自分に合っていない可能性が高いです。

転職活動においても、「今の仕事を全力でやりきったのか?」という観点は受ける企業からもみられます。

転職を考えるのであれば、今の環境で全力でやりきったか自信をもって言えるようにしておきましょう。

転職を迷うときにやってみること

転職に迷っているのであれば、とりあえず以下の行動をはじめてみるのはいかがでしょうか。

頭で考えて悩むことも大切ですが、実際に行動に移してみるとどうするべきか答えを出しやすいですよ。

転職活動を始めてみる

次の職業も正社員が希望であれば、転職活動を始めてみましょう。

転職活動を始めてみると、より具体的なキャリアプランが想像できるので、判断しやすくなります。

まずはエージェントに相談したり、転職サイトで求人情報をチェックしたりするのもいいでしょう。

転職活動を始めてみて「やっぱりなんか違う」と感じれば、今の職場でそのまま働けばいいだけなので、転職を重く考える必要はありません。

副業として始めてみる

将来独立を考えている方であれば、副業として始めておくのがおすすめです。

副業として始めておけば、収入が増えるだけでなく、人脈やスキルも増えるでしょう。

いきなり独立するよりも業務内容をスムーズにおこなえたり、顧客から案件を獲得できたりします

副業であったとしても仕事獲得から報酬受け取りまで一人でおこなうことにもなるので、独立したときのイメージもしやすくなりますよ。

JOB DESIGNでは副業フリーランスとして活躍している方も多く、​​カウンセラーが希望に沿った案件を紹介しています。

初心者からでもはじめられる案件を豊富に取り扱っており、定期的にフォローをするので継続的に案件を獲得しやすいですよ。

気になる方は気軽にのぞいてみてください。

転職に迷いがあるなら自分の軸を考えて動いてみよう

転職するか迷っているのであれば、まずは自分がもっとも大切だと感じる軸を決めた上で行動しましょう。

ただ、行動といってもすぐに退職するのではなく、現職についているまま転職活動や副業を始めることです。

実際に動いてみることで、自分の市場での相場を知れたり、気持ちを確かめられたりするでしょう。

また、自分の中での軸が決まっていなければ転職は失敗するので、まずは紙に書き出すことから始めてみるのがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました