【転職】タイミングは?年齢やライフスタイル別の最適な時期を解説

転職

現在転職をしようか迷っている方は「転職のベストタイミングはある?」と思ったことはありませんか?

転職時期について悩んでいる人は少なくありません。

転職は年齢や経験、時期によってそれぞれベストタイミングは異なります。

この記事では、転職に最適な時期や年齢別のタイミング、退職から転職の流れについて解説しています。

転職を考えている方は参考にしてみてください。

転職に最適な時期は3・9月

一般的な中途採用の求人が増える時期は、3・9月です。

新年度を控えて体制を再構築したり、強化したりする3月と下半期に向けた採用がスタートする9月です。

この時期は条件のよい求人や珍しい求人が多く公開されるといわれています。

転職するのであれば、本業との兼ね合いも考えて転職活動期間はできるだけ短くしたいですよね。

であれば、求人数が多くなる時期に合わせて転職準備を始めましょう。

とくに、中でも最も求人が多いとされるのは3月です。

なぜなら3月は、新卒が入社する4月までに入社させることで教育コストを低く抑えようとする企業が多いからです。

次に多いのが、10月入社に向け募集が増えるタイミングの9月となります。

そのため、「どうしてもこのタイミングでなければならない」「今すぐ転職したい」などでない場合はこの2つのタイミングを狙ってみるのがおすすめです。

また、一見して転職活動には適していないように思われる5・6月は実は穴場の時期でもあります。

それは、「新卒入社の社員が辞めてしまった」「新しいプロジェクトがスタートしたが、人が足りない」などの理由が背景にあります。

急募の採用でスピーディに採用したいと考えている企業もあるため、募集は常にチェックしておきましょう。

【年齢別】転職のタイミング

ここでは、年齢別の転職のタイミングについてご紹介しています。

年齢によって求められるスキルが変わってくるので確認しておきましょう。

社会人経験3年未満での転職

タイミングとしては、できれば入社半年は過ぎている状態が望ましいでしょう

社会人経験3年未満での転職は、「第二新卒」の枠組に入ります。

入社後3ヶ月など入社してから早い期間での転職であれば「忍耐強くなさそう」というようなネガティブなイメージをもたれてしまう可能性があります。

しかし、中途採用に比べて専門的なスキルや知識が要求されないこともあるので、別業界への挑戦もしやすいと言えるでしょう。

25〜29歳での転職

ある程度の期待がされる年代であるため、転職市場で自分の価値をより高くするためにも、現職での実績を提示できるようにしたタイミングが望ましいとされます。

25〜29歳は、ある程度社会人経験を積んで「新しいことに挑戦してみたい」「自分に向いている仕事が明確になった」などの気づきがでてくる年代です。

そのため、25〜29歳で転職をする人口は全体で見てもかなり多くなっています。

同業他社への転職や同じような職種であれば、入社後の活躍を期待してもらえるのでアピールポイントになるでしょう。

30代での転職

30代での転職を考えているのであれば、できるだけ早く転職活動を始めるのがおすすめです。

年齢が上がれば上がるほど求められるスキルも上がってしまい、30代であればマネジメント経験や現在の役職が転職活動に影響してきます。

すでに実績があったり役職についているのであれば焦る必要はありませんが、そうでないのであればできるだけ早いタイミングで転職した方が有利でしょう。

40代での転職

40代での転職であれば、管理職への転職が中心となり、はじめから即戦力になることが想定されているため、40代は自分の市場価値をきちんと理解してから転職活動を始めましょう。

また、40代の場合は求人サイトを利用するだけでは応募できる求人を見つけられなかったり、選考が通りづらかったりして転職活動期間が伸びてしまう可能性があります。

そのため、知人のツテやエージェントなども活用しながら転職活動をしましょう。

退職から転職するまでの流れ

  1. 転職先から内定をもらい、入社日程を決める
  2. 退職1〜2ヶ月前…退職の意思表示や退職願などを提出する
  3. 退職1ヶ月前…仕事の引き継ぎ業務を開始する
  4. 退職2週間前…取引先への報告
  5. 退職日…社内への挨拶や貸与品の返却

各企業の就業規則に退職に関する決まりが書かれていることが多いので、転職を決めた段階で確認しておきましょう。

退職を告げてから退職日まで社内の人たちと円満に過ごしたいのであれば、遅くとも1ヶ月前には退職の旨を伝えるのが理想です。

また、転職先の会社によって持参するものは異なりますが、年金手帳や前職の雇用保険被保険者証は必ず必要になるため、用意しておきましょう。

とくに、退職から1ヶ月後に送付されることが多い前職での源泉徴収票は、年度末調整時に必要になるため忘れずに保管しておきましょう。

正社員からフリーランスになるなら

ここまで正社員から正社員への転職のお話をしてきましたが、近年では働き方が多様化し、フリーランスに転身したいと考える人も年々増えています。

正社員からフリーランスへ独立するのであれば、タイミングに正解はありません。

自分の状況に合わせてタイミングを決めましょう。

ここでは、独立までにどのようなことをすればよいか、正社員からフリーランスになるときの準備としてやっておくべきことについて以下3つご紹介します。

  • 副業として始めておく
  • クレジット・ローンの申請
  • 半年〜1年分の生活資金を貯めておく

フリーランスと会社員の違いについて確認したい方はこちらを参考にしてみてください↓

【フリーランス】会社員とどう違う?メリット・デメリットについて解説

副業として始めておく

「いきなりフリーランスになるのは不安」「独立した瞬間からスムーズに仕事ができる環境を整えておきたい」のであれば、副業として始めておくのがおすすめです。

独立前にある程度仕事を受注できる目星がついていないと、独立してから仕事探しに難航してしまうかもしれません。

副業として始め人脈作りをしておけば、独立したときに案件を紹介してもらえる可能性が高まります

JOB DESIGNでは副業フリーランスとして活躍している方も多く、駆け出しの方でもはじめられる案件を豊富に取り扱っています。

迷っているなら、まずは空いた時間に単発案件から始めてみるのがおすすめです。

​​まずは副業で始めてみたい方はこちらの記事を参考にしてみてください↓

【副業の始め方】失敗しない!最初に注意すべき7つのポイントを解説

クレジット・ローンの申請

フリーランスは正社員と比較すると社会的信用が低くなりやすいと言われています。

正社員であれば安定して稼ぎがあると見込まれますが、フリーランスは月の収入が安定しにくい傾向にあるので、社会的な信頼度が下がってしまうのです。

このようなことから、クレジットカードの申請やローンの審査なども通りにくくなる可能性があるので、正社員のうちに審査を通しておくのがおすすめです。

半年〜1年分の生活資金を貯めておく

フリーランスは正社員のように毎月決まった金額が安定して入手できるわけではありません。

そのため、独立後に収入が入らなかったことを考えて半年〜1年分ほどの生活資金は用意しておきましょう。

また、独立の準備として必要な機器を買い揃えたり、事務所を借りたりするための費用も必要になります。

そういった資金も含め、用意しておくべき費用を計算しておきましょう。

まとめ

転職のベストなタイミングは、以下になります。

  • 正社員から正社員への転職であれば3・9月
  • 正社員からフリーランスになるのであれば自分がベストだと思うタイミング

ベストタイミングを見極めて計画的に転職活動を行うことで、採用に有利に働くかもしれません。

転職の目的や理由を明確にさせて、納得のいく転職先を見つけましょう。

タイトルとURLをコピーしました