メタバース開発に携わりたい!エンジニアに転職するためのスキルとは

エンジニア

メタバース関係の仕事に就きたいと考えている方やエンジニアになりたいと思っている方はこのように思ったことはありませんか。

「メタバース関連のエンジニアにはどんな職種がある?」

「メタバースエンジニアになるにはどんなスキルがいるの?」

「エンジニアに興味があるのだけれど、メタバースについて知っておいた方がいい?」

近年話題のメタバースですが、それにともないエンジニアの需要も高まりつつあります。

この記事では、メタバースについて、メタバースに関連するエンジニアの種類、必要なスキル、将来性について解説しています。

メタバースとは

メタバースとは、インターネット上に構成される3次元の世界いわゆる「仮想空間」です。

現実と同じく常に時間が流れている世界で、アバターと呼ばれる自分の分身を介し世界に入ります。

アバターを動かして遊んだり、何人かで集まってミーティングができたり、土地や金銭などを売買したりでき、Web上の空間で社会生活を送れるのです。

現実世界に限りなく近い状態で活動できるため、将来的には生活の一部をデジタル上で行えるようになるかもしれませんね。

メタバースが活躍する分野としては、ゲームやビジネスなどがあげられます。

日本でも人気のゲーム「フォートナイト」ではすでにメタバースの一部が構築されていたり、バーチャルオフィスの提供を始める企業もでてきたり、物販の購入やサービスが受けられるバーチャルショップがでてきたりして話題となりました。

メタバースを使うことで、オンライン上でのコミュニケーションを今までよりもリアルに体験できるので、今は存在していない新しいビジネスを創り出す可能性を秘めています。

【メタバース】エンジニア職の種類

メタバースをはじめとするIT業界は今かなり熱い業界です。

今後もエンジニアの需要は高まっていくと予想されるため、メタバースエンジニアは狙い目です。

ここでは、メタバースに関係するエンジニア職の種類について解説しています。

  • サーバー開発エンジニア
  • Android・iOSエンジニア
  • ゲーム開発エンジニア
  • デザイナー・3DCGデザイナー
  • インフラエンジニア・セキュリティエンジニア

サーバー開発エンジニア

サーバーをゼロから構築・設計・管理するのが「サーバーエンジニア」の仕事です。

メタバースプラットフォームを運営するのにはそれなりのサーバーが必要になり、同時接続ユーザー数が多くなることも予想されるため、サーバー開発はとても重要な職種になります。

そのため、需要も高くメタバース関係のエンジニアの求人の中でも比較的多く募集されています。

Android・iOSエンジニア

Android・iOSエンジニアとは、スマートフォン用のアプリケーションを開発するエンジニアです。

メタバース業界はスマートフォンにも力を入れてきているので、バーチャルライブ配信アプリの開発・運営などでAndroid・iOSエンジニアが求められるようになるでしょう。

基本的に求人には、「Android・iOSアプリ開発経験」「Gitを用いた開発経験」などのように実務経験のある人材を求めている企業が多いとされています。

ゲーム開発エンジニア

ゲーム開発エンジニアとは、メタバースプラットフォームの設計と開発をするエンジニアです。

プロダクトの全体設計や採用技術の選定、開発、運営計画の策定をおこないます。

デザイナー・3DCGデザイナー

キャラクターや衣装、メタバースに出てくるさまざま環境をデザインする仕事です。

チームで作成している場合は細分化されており、「モデリング」「テクスチャー」「ライティング」「レンダリング」などの一部を担当することが多いようです。

モデルを作るだけでなく、シーン全体の躍動感を決めてしまうので、視聴する人やプレイする人の心が動くかどうかはデザイナーの力量に左右されます。

インフラエンジニア

インフラエンジニアとは、サーバーやネットワークなどのIT基盤を構築・設計・運用・保守を担当するエンジニアのことです。

インフラエンジニアの中でも、ネットワークの業務を担う「ネットワークエンジニア」と「サーバーエンジニア」の2つに分けられることが多いです。

ソフトウェアが動く土台のような役割を果たすものなので、縁の下の力持ちとされています。

メタバースエンジニアに転職するためのスキル

デザイナーやサーバーなどは別になりますが、メタバースエンジニアは基本的にゲーム開発言語が求められることが多いでしょう。

ここでは、多くの業務内容で求められるメタバースエンジニアの代表的なスキルを紹介します。

  • Unity
  • Unreal Engine(UE4)
  • C++
  • Java

Unity

Unityはユニティ・テクノロジーズ社が開発したゲーム開発プラットフォームです。

ゲームエンジンのひとつで、3Dゲーム開発を手軽におこなえて、優秀な物理エンジンを搭載していることが特徴です。

ポケモンGOやFall Guysなどの3Dゲームの多くはUnityが使われています。

開発の仕事では必ず求められるスキルなので、実績がない人はまずはUnityでゲームを作ってみるのがいいでしょう。

Unreal Engine

Unreal Engineは、アメリカのEpic Games社が開発したソフトウェアです。

「Unity」と並ぶくらい業界ではスタンダードとなっているゲームエンジン。

ゲーム開発のほかにも、映画やアニメーション、テレビ番組、建物や自転車設計など幅広い分野で活用されています。

C++

C++とは、コンピュータを素早く動かす「C言語」の機能を拡張させたプログラミング言語です。

「シープラプラ」や「シープラ」などと呼ばれることが多いです。

大規模な業務システム、人工知能開発、組み込みシステムの開発、ゲーム開発など汎用性が高くあらゆる分野のシステムで使用されるため、メタバースエンジニアの求人でも必要なスキルとしてよく見られます。

Java

Javaとは、前述した「C言語」をベースに開発されたプログラミング言語です。

Webサービスの開発、金融機関のシステム、カーナビ、家電などにも採用されることが多く、Googleが開発に用いている「Google三大言語(Java、C++、Python)」の一つでもあります。

開発現場だけでなく、教育や趣味などのさまざまな場面で活用されているので、需要の高い言語と言えるでしょう。

【転職】メタバースエンジニアの将来性

メタバースにはIT業界以外にも大企業も力を入れており、今後もメタバースに関連した仕事は増えてくると予測されます。

メタバースプラットフォームが増えていますが、NFTや仮想通貨の流入によりそれを利用したビジネスも増えています。

IT市場自体も拡大しているなか、メタバースに関連するエンジニアの需要は今後も高まるでしょう。

メタバースの時代が本格化する前に少しでも早く必要なスキルを身につけて準備しておくことで、より価値の高いエンジニアとして活躍していけますよ。

興味がある方は、まずはスキルを身につけて副業からはじめてみるのがおすすめです。

実績づくりになるだけでなく、軌道に乗ればフリーランスも視野に入れられますよ。

JOB DESIGNでは副業フリーランスとして活躍している方も多く、初心者の方もはじめられる案件を豊富に取り扱っています。

​​カウンセラーが定期的にフォローをしますので継続的に案件を獲得しやすいですよ。

登録や面談は無料なので、気になる方は覗いてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました