これからの時代はNFTがくる?転職するならエンジニアが狙い目

エンジニア

最近、メディアやSNSで「NFT」に注目が集まっていますよね。

芸術や投資などの切り口で知っている方も多いでしょうが、開発の観点でも今後拡大していくと予想されます。

拡大にともない今後もエンジニアの需要はますます高まっていくでしょう。

この記事は、NFTについてかかわる分野や将来性、NFT開発に必要なエンジニアのスキルについて解説しています。

現在職業で悩んでいる方、NFTやエンジニアが気になっている方は参考にしてみてください。

NFTってなに?

NFTとは、Non-Fungible Token(非代替性トークン)の略で、デジタル証明書の一種です。

非代替性とは「替えが効かない」、トークンは「データや通貨、モノ、証明」という意味があります。

簡単に説明すると「唯一無にであることの証明ができる技術」です。

インターネット上にある情報は、複製ができるためその価値の証明をするのが難しいという問題がありました。

誰でも気軽に音楽や画像、動画を楽しめるようになった反面、著作権侵害やコピーによって所有者が増えて、本来価値のあるものが正当に評価されにくくなってしまったのです。

そこで、NFTと紐づけることによって他のデジタルデータと識別できて、唯一無二であることの証明ができるようになりました。

本来デジタルで作成されたものは本物と偽物の識別がつきにくいのですが、その区別を可能にして本物であることを証明する技術がNFTなのです。

NFTがあれば、希少性を保てるので、これまでできなかったデジタル作品やビジネスが生まれるでしょう。

NFT開発がかかわる分野

NFT開発は以下のサービス分野で拡大していくと予想されます。

それぞれ詳しくみていきましょう。

  • NFTマーケットプレイス
  • ブロックチェーンゲーム
  • メタバース

NFTマーケットプレイス

NFTを用いたコンテンツや作品はNFTマーケットプレイスで売買できます。

NFTマーケットプレイスとは、ユーザー同士でNFTを売買できたり、アーティストが作成したNFTを購入したりできるプラットフォームです。

企業だけでなく、一般のユーザーが気軽にNFTを利用できるようにする仕組みを提供できるために重要なサービスです。

NFTを扱う企業やクリエイターは今後増えると予想されるため、NFTマーケットプレイスは拡大していくでしょう。

ブロックチェーンゲーム

ブロックチェーンゲームとは、仮想通貨やNFTのベースとなるテクノロジーである「ブロックチェーン」を活用したゲームのことです。

ブロックチェーンゲームは一般的なゲームと異なり、ゲームで獲得したアイテムをNFTマーケットプレイスに出品したり、欲しいアイテムをNFTマーケットプレイスで購入できたりします。

もともとゲーム業界からは注目されていましたが、NFTの活用によりさらに拡大されるでしょう。

メタバース

メタバースとは、インターネット上に作られた3DCGの「仮想空間」のことです。

VRヘッドや自分の分身であるアバターを活用して資産やアイテムのやりとりができます。

NFTが法的に認められてからは、ゲーム内のアイテムや土地などがリアルのお金で売買できるようになりました。

NFTを使うことで正当な所有者の証明ができるため、現実の世界で心配される盗難や無断コピーのリスクも避けられます。

NFTの将来性

結論、NFTは今後より多くのサービスで使われて市場規模の拡大されると予想できるので、将来性があると思われます。

2018年に約40億円ほどだった市場が2019年には約140億円、2020年には約340億円、2022年では約2兆円にまで急成長を遂げています。

すでに大企業からも注目されており、世界的なラグジュアリーブランドのドルチェ&ガッバーナが、NFTコレクション「Collezione Genesi(ジェネシス コレクション)」9 点で約 6 億円という高値で落札され話題になりました。

NFTによりデジタルデータの価値を証明できるようになったため、アート業界はもちろん、スポーツやファッション、音楽などの幅広い分野での活用が進んでいます。

さらにはエンターテイメントの分野を超え、所有証明書や身分証明書が必要な分野での実用も進んでいくことになるのではないでしょうか。

コンテンツをデジタル資産として売買し売り上げにつなげたり、新たなビジネスチャンスの宝庫であるため、今後もさまざまな人が参入してくるでしょう。

このような市場規模の拡大にともない、今後エンジニアの需要がどんどん高まることも予想されます。

現在もし、NFTやエンジニアに興味のある、需要のある職業に就きたいなどと考えている方であればおすすめですよ。

【転職】NFT開発のエンジニアになる準備

NFT開発のエンジニアに転職するためには、以下の準備をすることが望ましいでしょう。

それぞれ詳しくチェックしていきましょう。

ブロックチェーンの基礎を学ぶ

NFTは、ブロックチェーンの技術を使っているのでどのように情報を記録・更新しているのか理解しておきましょう。

とくに、暗号資産の「イーサリアム」の技術を活用しているため、ブロックチェーンの基礎が理解できたらイーサリアムについて重点的に学びましょう。

学習方法としては、オンライン講座や書籍などがありますが、自分に合った方法がよいでしょう。

IT業界は常に新しい技術や知識を習得しなければなりませんが、なかでも暗号資産やブロックチェーンの分野はとくに変化が激しいです。

そのため、自分から積極的に学ぶ姿勢を常にもち続けられるかが重要です。

開発言語やフレームワークの知識を入れる

開発言語(Solidity)やフレームワーク(Truffle Suite)の知識を深めておくことも必要でしょう。

なじみのない方も多いと思いますが、NFT開発にはよく使われる組み合わせです。

他の開発で使われることのない言語でもあるのでハードルは高くなるため、ブロックチェーンやNFTの開発エンジニアは少ないのです。

しかし、だからこそチャンスです。

できない人が多いことほど習得できていれば、市場での自分の価値を上げられますよ。

【転職】NFT開発のエンジニアは狙い目

NFT開発の分野はこれからも拡大される見込みなため、エンジニアは狙い目です。

求められるスキルは、業務システムやWebシステムのエンジニアよりもレベルが高くなるので、NFT開発に必要なスキルを習得しておくことが理想です。

また、スキルが習得できてきて自信も少しずつつけば、副業としてはじめてみるのもおすすめです。

実際に副業としてNFT案件をいくつかこなしておくことで、本当に自分に合っている職業かわかるだけでなく、転職するときに有利になりますよ。

さらに、副業でいくつも案件をこなしてある程度のスキルが習得できていれば、独立してフリーランスになることも視野に入れられますよ。

JOB DESIGNでは副業フリーランスとして活躍している方も多く、駆け出しの方もはじめられる案件を豊富に取り扱っています。

​​カウンセラーが丁寧にヒヤリングしてあなたの希望に沿った案件を紹介し、その後も定期的にフォローをしますので継続的に案件を獲得しやすいですよ。

登録や面談は無料なので、気になる方は登録してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました