【フリーランス】WEBディレクターに必要なスキル、高収入の目指し方

フリーランス

現在、制作会社などでWEBディレクターとして働いている人の中には、将来独立してフリーランスになりたいと思っている方もいるのではないでしょうか。

近年WEBディレクターの需要は高まりつつあるので、フリーランスとして活躍できる場は広がっています。

この記事では、WEBディレクターフリーランスの概要から報酬相場、必要なスキル、ステップアップ方法について解説しています。

フリーランスになりたい、キャリアアップしたい方は参考にしてみてください。

WEBディレクターのフリーランスの仕事

WEBディレクターはWEBサイトを制作する際にデザイナーやコーダー、ライターなどに指示を出し、完成までの進行管理をする仕事です。

担当する業務の幅が広いため、人によってやり方や担っている責任が異なりますが、まずはフリーランスWEBディレクターについて以下の内容をご紹介していきます。

  • ディレクターが足りていない現状
  • さまざまな分野でのディレクション
  • 仕事内容

ディレクターが足りていない現状

WEB市場が年々拡大していることや少子化、業界自体の人材不足などによって比較的なんでもこなせる需要の高いWEBディレクターは足りていません。

状況によってはWEBディレクターが人材の採用カバーをすることもあり、ディレクターに仕事が集中しがちです。

また、近年ではマッチングプラットフォームの流入などにより、予算に合わせてより柔軟に対応できるフリーランスを活用する企業も増えています。

さまざまな分野でのディレクション

一口にWEBサイトといってもコーポレートサイトやECサイト、オウンドメディア、ブログ、ユーザー投稿型サイトなど形態はさまざまです。

目的のサービスや商品、キャンペーンなどもクライアントごとに異なるので、各分野に合ったやり方でのディレクションが求められます。

仕事内容

WEBディレクターはサイト制作の全工程に関わることが多いので、さまざまな業務がありますが、ざっくり分けると主に以下4つです。

  • 企画
  • ワイヤーフレーム、トンマナ・イメージ、内容の提案
  • 制作ディレクション
  • 分析・改善

企画

クライアントの要望は抽象的なことも多いのですが、的外れな提案にならないよう目的に沿ったサイトやページの企画を考えます。

売り上げを伸ばしたいのか、認知度を上げたいのかなど目指すところによって企画内容は変わってきます。

そのため、クライアントの現状と理想をどれだけ細かく把握できるかがカギです。

ワイヤーフレーム、トンマナ・イメージ、内容の提案

クライアントの要望をもとにWEBページの設計図となるワイヤーフレームを作ります。

どうすればユーザーが簡単にサイトに辿り着け、サイトの制作目的を果たせるのかを考えて制作しなければなりません。

トンマナやイメージが伝わりやすいようなワイヤーフレームをクライアントに提案し、修正があれば改善をしてすり合わせていきます。

制作ディレクション

ワイヤーフレームをクライアントに確認してもらって承認されれば、いよいよ作成に入っていきます。

デザイナーやコーダー、場合によってはエンジニアに進捗やデザイン・機能をディレクションします

クライアントの要望に合っているか、足りない要素はないかなど確認しながらテストを行いサイト公開の準備をしなければなりません。

分析・改善

公開後は、サイトがクライアントの求める役割を果たし続けられるよう解析と改善を行います。

その際にはサイトの課題が見つけられるよう数値分析などを行い、専門家ではないクライアントにもわかりやすいように提案しなければなりません。

WEBディレクターの案件例と相場

大手フリーランス向けエージェントが紹介するWEBディレクター案件の相場は、週4日勤務で月収45〜95万円ほどの案件が多く見られました。

駆け出しのフリーランスなどがよく利用するクラウドソーシングサイトでは時給3,000〜5,000円、固定報酬では10〜40万円ほどでした。

時給換算で週2日6時間勤務だとしても14〜24万円になります。

ある程度の知識や経験、責任がある職業なので、はじめたてであっても比較的稼ぎやすい職業です。

WEBディレクターに必要なスキル・経験

ここでは、WEBディレクターに「必須のスキル・経験」と「あるとよいスキル・経験」についてご紹介しています。

フリーランスWEBディレクターを目指しているのであれば、今から身につけられるスキルは身につけておきましょう。

必須スキル・経験

必須スキル・経験は主に「ディレクション経験」と「コミュニケーション力」です。

一つずつ見ていきましょう。

ディレクション経験

フリーランスとして活躍するのであれば、ディレクション経験は必須になります。

基本的にWEBディレクターは今まで積み上げた実績や経験が重要視されるので、経験が全くなしなのは採用される確率がかなり低いです。

コミュニケーション力

WEBディレクターはデザイナーやコーダー、などさまざまな人と密接なコミュニケーションを取らなければなりません。

全体をまとめていくのも仕事なので、業務を円滑に進めるためにはコミュニケーション力は必須です。

また、クライアントからのヒアリングやその他関係各所と関わることもあるため、チーム外との良好な人間関係づくりも大切です。

あるとよいスキル・経験

必須ではありませんが、あるとよいスキル・経験について4つご紹介します。

得意分野があると有利

商材や業界、LPなどの得意分野があると契約を取りやすくなります。

それぞれの分野によって重要視される能力は異なるため、自分がどの分野が得意なのか把握し、強みとなる得意分野を活かしたスタイルを作り、ポジションを確立していくことが大切です。

数値分析・改善の実績やABテストなどもあると高単価

Webディレクターは、アクセス解析ツールのデータやユーザーの個人情報など、さまざまなデータを扱います。

これらを利用して新たな企画やパフォーマンスの向上につなげるには、データを有意なものにする考え方やスキルが重要です。

また、実際に改善させた実績やABテストの実施ができれば、継続案件や高単価案件獲得につながるでしょう。

マネジメント力

WEBディレクターは限られたコスト・時間・費用を効率よく管理しなければなりません。

進行管理だけではなくスタッフの選定や配置も重要なポイントとなります。

その中でスタッフが最大限のパフォーマンスをしてくれるように引き出せる能力も必要です。

また、プロジェクトをリードするPM業務までできるようになれば、さらに高いマネジメントスキルが求められるので同時に高単価も狙えるでしょう。

提案力

フリーランスWEBディレクターには提案力が求められることもあります。

ただの提案となぜ良いかの根拠を示す提案では印象は異なるでしょう。

とくにフリーランスとして生き残っていきたいのであれば提案力はどこに行っても通用する汎用性の高い能力なので、身につけておきましょう。

高報酬を目指すために

より高収入のフリーランスWEBディレクターになるにはどのようにすればよいのでしょうか。

ここでは、以下4つの方法をご紹介します。

  • 経験・実績を増やす
  • 得意分野を作る
  • 分析・改善提案に力を入れる
  • 案件を把握し、PMなどの高報酬の職種へのキャリアアップを目指す

経験・実績を増やす

ディレクターは実績が豊富なほど契約しやすい傾向にあるので、今のうちに経験や実績をたくさん積んでおきましょう。

また、経験値を積んでいき競争相手が少なければ、高単価も狙えます。

得意分野を作る

広く浅い分野よりも的を絞ったほうが大きな実績をつくりやすいです。

最初ならさまざまな分野を経験することも大事ですが、ある程度自分の得意とする分野が定まってきたら絞って案件を獲得しましょう。

分析・改善提案に力を入れる

サイトの公開後は分析と改善を繰り返しますが、そこでよりよい提案ができるようになれば継続にも案件につながります。

公開後だからと安心して分析・改善に手を抜かず力を入れることで、効果が出れば報酬UPの可能性も高まります。

案件を把握し、PMなどの高報酬の職種へのキャリアアップを目指す

ある程度ディレクター業の経験を積んで慣れてきたらPMを目指しましょう。

プロジェクトの責任者で複数の案件を同時並行で回せるPMクラスの需要は特に高いので、より高収入を狙えます。

フリーランスとして稼ぐポイントなどはこちらの記事でも詳しく解説しています↓

フリーランスとして稼ぐポイントとおすすめマッチングサービス7選

フリーランスとして案件を契約するために

フリーランスとして案件を獲得するには主に以下の方法があります。

  • 紹介や営業
  • クラウドソーシング
  • フリーランスマッチングサイト
  • フリーランスエージェント

人それぞれ向き不向きの営業方法があるので、まずはいろいろ試して自分に合ったスタイルを探すことから始めましょう。

自分の営業スタイルが確立できれば安心して本業にも取り組めます。

もともとツテがあったり営業が得意な人ならいいのですが、中には営業活動が苦手な人や効率よく仕事を受注したい人も多いはずです。

そのような方はフリーランス向けのマッチングサイトやフリーランスエージェントがおすすめ。

仲介を通すことで条件や報酬の交渉もしてもらえますし、大きな案件を受注することも可能なので高単価案件も狙えます。

フリーランスの営業方法についてはこちらの記事で詳しく解説しているので、合わせてご覧ください↓

フリーランスの営業方法は?成功するためのポイントを解説

JOB DESIGNではカウンセラーが希望にあった案件を紹介してくれて、その後のフォローも定期的に行っているので駆け出しのフリーランスでも安心して利用できます。

登録や面談は無料なので、気になる方は登録してみてくださいね。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: g5yt4CkAQ_Tgi58F-2NwzWb3CuZHFvKCC-t3rOqZeuV2QXbuHJUcgZt2FCUxE8op0k3IiYXPlGEzqKHQHiy2VsbIIbd6AY4lLg8Tro1aUiOpsHA8Zt5M53FMFP_QwO1LmFXq487u5g1uJB3vPQ

まとめ

将来フリーランスWEBディレクターになりたいのでれば今のうちから実績を積む、副業として始めておくのがおすすめです。

そうすれば、独立したときにスムーズに案件を獲得できたり、顧客やツテがある状態からはじめられますよ。

副業についても気になる方はこちらの記事も合わせてご覧ください↓

【副業の始め方】失敗しない!最初に注意すべき7つのポイントを解説

タイトルとURLをコピーしました